メッキの豆知識

メッキの豆知識

メッキとは

メッキ法は処理の態様から湿式・乾式に大別される。
湿式メッキ法は化学的作用によるもの(電気メッキ法・化学メッキ法・浸漬メッキ法など)
乾式メッキ法は物理的作用によるもの(真空蒸着・スパッタリング・イオンプレーディングなど)

当社の工法は、もちろん電気メッキ法(クロム)である。 電気メッキ法とは、金属塩の水溶液から外部電流により加工物表面へ金属を還元析出させるもので、Cu、Ni、Rhなどの貴金属に至るまで広範囲の金属メッキが可能である。電気メッキ皮膜は、比較的薄い膜厚でも緻密な析出層になるので多彩な金属質感が得られ、且つ耐食性も良好である。ただ、皮膜厚さの均一性に欠ける。最近では各種の合金メッキや複合メッキの開発および実用化され、装飾目的のみならず機能面での用途幅が一段と広がりつつある。

メッキの役割とは

固体表面に金属を以って皮膜することである。処理された素材の表面は、被覆金属の物理的、化学的性質に置き換えられる為に種々特性が付与され、メッキしたい部分ないし製品全体の機能や価値を高めることが出来る。

外観の向上

製品に美観を与え、且つ美観を半永久的に維持することは、メッキの歴史はじまって以来の重要な目的のひとつである。この目的の為にクロムをはじめとして、金、銀、ロジウムなどの貴金属が最終仕上げ面に用いられる。

耐食性の向上

亜鉛メッキやカドミウムメッキのように素材の防食を専らとするメッキもあるが、装飾メッキと言えども素材の防食なくして本来の美観を維持することはできない。耐食性こそメッキに不可欠な基本要素と言える。およそメッキ部品の中で鉄鋼材料が最も広く、また、最も多く素材として採り入れられているが、これらは被覆されたメッキ金属のおかげで腐食から護られ、美観を保ち、且つ製品寿命を著しく延ばしているのである。メッキは 『省資源』の最右翼技術にほかならない。

 

Q&A

Q&A


  • 1. 再メッキはできますか?
    • はい、もちろん可能ですが、極一部メッキの剥離が不可能な為お断りさせて頂く場合がございます。詳しくは、別途お問合せください。尚、再メッキ処理は、旧メッキ皮膜の剥離や腐食の補修など非常に手間の掛かる処理となるため、加工代が大幅に割高(2~3倍)となり加工日数も延長される場合があります。事前のお打合せが重要となります。
  • 2. カラーメッキはできますか?
    • 当社はクロムメッキと金メッキのみの処理となります。
  • 3. 厚メッキはできますか?
    • はい、可能ですが再メッキ同様加工代が割高(5割UP~)となります。ただ、当社の仕上がりは通常の処理で十分なクオリティとなっておりますので特別なご依頼以外は必要ないかと思われます。
  • 4. プラスチックにもメッキできますか?
    • はい、可能です。ABS樹脂以外のFRP、PP、ポリカーボネート、アクリルなど様々な樹脂に対応しております。真空蒸着やスパッタリング、銀鏡メッキではない本物のクロムをご堪能ください。
  • 5. プラスチックパーツに塗装がしてあるのですが、メッキできますか?
    • はい、純正塗装でしたら可能です。カラー塗装(1.液・2.液型塗料)が施されている場合は剥離が困難な為お断りさせて頂く場合がありますが、「どうしても!」という場合には、ノークレームにてお受けいたします。
  • 6. アルミホイールのメッキはできますか?
    • はい、、可能です。1ピースホイールで25インチまで、3ピースホイールは28インチまでの加工実績があります。
  • 7. メッキホイールを傷つけてしまったのですが、修正及び再メッキは可能ですか?
    • はい、可能です。新品時以上のクオリティにてお返しする自信があります。
  • 8. アルミホイールにメッキすると強度が落ちてしまうと聞きましたが、本当ですか?
    • メッキの原理は簡単に言うと、素材表面を溶かしてメッキを置換させていくというものであります。特に合金アルミ素材は薬品に溶解し易いため、合金比率によって違いはあるものの、5~15%劣化してしまいます。
      しかし、当社の加工プロセスは、アルミ表面に樹脂コーティングを施しメッキ加工を行うことで強度を保ち且つ、後の腐食も防ぐことが可能な画期的なプロセスでの対応になっております。
  • 9. トラックのホイールはできますか?
    • 2トン車までのホイールには対応しております。4トン車以上のスチールホイールは重量の関係上お断りさせていただいております。
  • 10. トラックのドアはメッキできますか?
    • 当社のメッキ槽サイズの関係上お断りさせていただいております。
  • 11. 真空蒸着や銀鏡メッキとの違いは?
    • それは、圧倒的な高級感のある光沢と表面硬度です。それぞれの工法には、それぞれのメリット・デメリットもあります。しかし、オートパーツ(外装品)へのメッキという視点から比較すると、仕上がり・耐磨耗性(キズに強い)・耐久性(光沢の持続)は真空蒸着や銀鏡とは比になりません。
  • 12. 純正メッキグリルのように、メッキの一部が塗装になっているのですが、全体をメッキにしたいのですが可能ですか?
    • はい、、素材が金属製の場合は全く問題なくメッキは可能です。問題なのはプラスチック素材の場合です。
      プラスチックの塗装付再メッキの場合は、メッキを剥離し完全に素材の状態に戻す必要があります。その場合、まず塗装のみを完全に剥離し、塗装の下のメッキを剥き出しにしなくてはなりません。塗装剥離に強力な剥離剤を使用するため、樹脂を溶かしてしまう恐れがあり非常にリスクを伴う作業となる為、基本的にお断りしています。
  • 13. 部分メッキは可能ですか?
    • 技術的には可能ですが、メッキ有効面でのマスキングは見切り部の段差やバリの発生などの諸問題によりお勧めできません。見切りをつけたいのであれば、メッキ完成後に部分塗装することをお勧めします。
  • 14. メッキ面に傷をつけてしまったのですが、その部分だけ直すことは可能ですか?または、目立たなくする方法はありますか?
    • ある一部分だけの再メッキは不可能です。例え小さな傷でも綺麗に直すには全体の再メッキが必要です。傷を目立たなくする方法ですが、残念ながら効果的な処理はありません。
  • 15. メッキ依頼する場合、部品の分解や組み立てはやっていただけるのですか?
    • 申し訳ございませんが、部品の分解や組立作業は後のトラブルの原因となる為一切行っておりません。
      依頼される場合は、確実に分解してから依頼してください。また、外したボルトやクリップ、パッキンなどはお客様の自己責任のもと大切に保管してください。万一、分解されていないままのご依頼は、恐縮ですが返却させて頂くか別途工賃をご請求させて頂きます。
  • 16. 量産物の依頼は受け付けていますか?
    • 素材や部品によりますが、基本的にお断りしています。
  • 17. 小さな部品一個からでも受け付けてもらえますか?
    • もちろんお請けいたします。
  • 18. メッキ加工日数はどれくらいですか?
    • 加工品によって様々ですが、原則として以下の通りです。
      スチール製品(新品・中古塗装品)   1週間
      スチール製品(再メッキ)   2週間~1ヶ月
      アルミ・アンチモニー製品   2週間
      プラスチック製品   1~2週間
      加工品の素材・状態・メッキ種類や社内の稼動状況・処理の進行具合によっては変動する場合がございます。
      その場合は、ご連絡を差し上げます。
  • 19. メッキ可能素材・サイズは何ですか?
    • スチール・真鍮・ダイキャスト   2,600× 800 ×450mm
      アルミ   1,650×800×300mm
      アルミホイール【1ピース】   ~25インチ
      プラスチック   1,650×800×300mm
      ・・・ABS・PP・FRP・PC他樹脂全般が可能